導入事例

千代田電子工業 様

設計リードタイムの短縮と環境変化に対応できるシステム実現

商売の神様である豊川稲荷で有名な愛知県豊川市に本社を構えるワイヤハーネスメーカで、品質マネジメントシステムの国際規格であるISO9001の認証取得。昭和44年の創業以来、複写機など精密機器を中心に各種ハーネスの設計、生産を続け、平成6年には中国工場を設立。同11年にはワコムが提案したAutoCADベースの設計システムを導入。同20年にはECAD dioの導入により、「設計システム」「生産システム」のさらなる効率化を推進して、多様化・グローバル化するニーズに積極的に取り組んでいます。 現在は国内外の6つの生産拠点、国内3つの営業拠点と香港オフィス。社員数は国内約170名、中国で約700名を数えています。(2011年3月取材)

導入に至るまでの経緯

ワコムさんのAutoCADベースの設計システムを導入して約7年。当時、ワコムさんとの入念な検討により、弊社用にカスタマイズされたシステム導入で、受注から出図までのリードタイムを大きく改善。設計業務の手作業や見積り額のばらつきなども非常に少なくなりました。 しかしながら近年の市場ニーズの大きな変化により、それまで中心だった複写機用の大量生産型ハーネスだけでなく医療機器や産業機械など、特殊なハーネスへの取り組みも増えてきました。そこで再度、作業の効率化や受注システムの見直し、見積りの部品情報のデータベース化など多方面での改善に取り組みました。

平澤 成躬
取締役技術部 部長
平澤 成躬様

導入の理由

カスタマイズの柔軟な対応と将来性が魅力
AutoCADベースの設計システムの導入により一定の成果をあげていたので、ECAD dioを導入するにあたり、弊社の課題を良く把握しているワコムさんとじっくり検討を重ねました。
これにより、ハーネス設計の基本システムからハーネス図作成システム、設計支援システム、ブロック加工支援システム、図面自動作成システム、環境設定システム、見積支援システムからなる7項目におけるカスタマイズをご提案いただき、新しいニーズに対応する機能はもちろんのこと、前システムから引き継いだ機能もさらなるパフォーマンスの向上が期待できました。
さらに国内外の各工場とのオンライン化による連携で、システムの効率アップが見込まれ、将来の拡張性、発展性も考慮しました。

村田 哲康
技術部 次長
村田 哲康様

自動図面作図時間は最大1/10に短縮

設計作業の標準化につながり、作業工数の70%減を実現
ECAD dioの操作はすぐに慣れました。設計業務の流れもスムーズです。図面作成時間においては平均3割程度の効率化を図ることができ、規模が大きく複雑な図面については以前の自動作図時間の1/10程度までの時間短縮に至りました。これはワコムさんとの十分な事前検討で、カスタマイズ化による効果を明確にした成果だと思います。
これからの取り組みとしては日本と中国工場との間で部品マスタをミラーリング化し、設計から部品情報、見積りまで同じ環境で運用できるようにしたいと考えています。

浦野 秀孝
技術部 課長
浦野 秀孝様


ハーネスシステムの構成図
ハーネスシステムの構成図

今後の目標

顧客とのオンライン受注システムなど自動化システムの拡大を目指す
前述した通り、弊社におけるハーネスの依頼は今までの複写機から、医療機器や産業機器(大型印刷機、ATM、券売機、自動販売機など)、アミューズなど多様化してきています。それにより大量生産の受注から高度な設計による試作用受注も多くなっています。こうした試作用のハーネスには非常に特殊なものもあり、ECAD dioによりかなりの効率化が図れましたが、まだ1〜2割程度は手作業による設計で対応しなければなりません。
この多様化したニーズに対応するため、例えばWEBを窓口にした自動受注システムにより、顧客とデータのリンクが実現できれば、試作品の受注から納品までの行程の生産管理がさらにスムーズになると考えています。
見積りに大きく関係する国内と海外の部品調達のデータベース化に関しても、効率化を進めて行けば、まだまだ競争力の強化が望めます。
さらにハーネスの販売促進に関しても、ワコムさんのソリューションであるハーネス設計システムを共通のプラットフォームとし、より多くのお客様とお付き合いできたらと考えています。


製品設計の最先端を担う技術部
製品設計の最先端を担う技術部


千代田電子工業株式会社

本社・工場

〒442-8511

愛知県豊川市穂ノ原3丁目14番地4号

TEL 0533-84-3111(代)

FAX 0533-84-3117

www.chiyoda-denshi.co.jp

※掲載の記事・写真などの無断転載及び使用を禁止します。