ECAD dio 機能詳細

作図

回路設計

電気回路シンボルの配置

電気回路で使われるシンボルなどは、選択して配置するだけなので、簡単に回路図を作成できます。また配置されたシンボルは図面ファイルとは異なる場所のデータを参照しているので、シンボルの量に比例して図面ファイルが大きくなっていくことはありません(図面ファイル内へ埋め込むことも可能)。

電気回路シンボルの配置

回路のパターン化

回路はパターンとして登録しておくことができます。よく使う回路を簡単に呼び出し、図面内に配置することができます。パターンはプレビューで確認しながら選択することができます。

結線の配置

折れ曲がりや線間ピッチの設定が簡単に行えます。また、T字に結線した場合の自動接続点配置、作図済みの結線に追加をした場合の自動結合、線番の自動割り当て、多相結線の一括入力、結線が他ページに渡る場合の渡り先表示など、作図時間を短くする自動化も充実しています。

結線の配置

コイルと接点の情報管理

コイルの機器番号を変更すると、接点の機器番号も一括変更されるため、修正漏れを防ぐことができます。接点ではC接点の設定も可能です。また、回路図面内でのコイルと接点の紐づきや位置関係を示すリファレンス枠(R枠)を自動作成できます。

コイルと接点の情報管理

図面の領域指定

別の製品の回路を表したい場合、盤枠線機能を使用します。盤枠線機能で指定した領域が、流用部分を示すことになり、ロケーションを表す製品番号を指定することで、他の回路部分として区別できます。入力した盤枠線と結線が交わる位置には、外部端子を表すシンボルが自動挿入されます。他にもユニット部品を表現するために、部品情報を持った領域を作成できるユニット部品枠機能なども備えています。

図面の領域指定
図面の領域指定

端子番号自動入力

リレーやタイマの端子番号を型式別にシンボル登録しておけば、接点シンボルに対してA/B/C接点を自動識別のうえ、端子番号(ピン番号)を自動入力することが可能です。

端子番号自動入力

PLC接続入出力コメントの転記

PLC接続入力図(I図)とPLC接続出力図(O図)を効率よく作図することができます。各社PLC用に作成した入出力設定と回路設計情報を記載したCSVファイルから自動作成でき、膨大な時間を要する大量の回路設計を正確に、かつ短時間に実現します。

PLC接続入出力コメントの転記

外形設計

回路設計だけでなく、外形の設計図を作図することができます。

外形設計

機械作図

ボルトやナットなどの標準部品が収録されているライブラリや、項目の入力だけで大きさを調整できる機能、バルーン入力、機械設計用の製図記号など、機械の設計で役立つ機能が搭載されています。 DINレールやダクトなどの制御盤で使用するレイアウト用部品を項目を入力するだけで作成できる機能なども搭載されています。

機械作図

回路チェック

接点なしコイル、接点数オーバー、仮番号チェック、電線情報未入力、線番未入力、線番重複、線番不統一、渡り線番チェック、ケーブル番号未入力など、回路入力や線番入力時のミスを素早く察知できます。エラーリスト上でダブルクリックするとエラー箇所にダイレクトにジャンプするため、エラー箇所の修正が簡単です。

回路チェック

ハーネス設計

ハーネス回路図

ハーネス回路図におけるシンボル、ユニット、結線、ケーブル線など、電気回路設計と同様の感覚で作成することができます。部品マスターを用意している場合でも、ハーネス部品を登録することができ、コネクタや基盤などをパターン化して登録することも可能です。

ハーネス回路図

構成の管理

ハーネス回路図内のアセンブリ構成ツリーを自動で作成し、図面や部品リストなど、製品の構成を簡単に管理できます。アセンブリ構成毎に他の図面データにコピーすることができ,設計データの流用も簡単です。

構成の管理

ハーネス回路チェック

回路図の未入力や部品の組み合わせの不適合などをチェックし検出します。

ハーネス回路チェック

ハーネス図

コネクタ情報をアセンブリ単位で自動的に抽出し、配置、その後コネクタを配線で結ぶだけで、ハーネス図を作成できます。ハーネスアセンブリ接続表やハーネスアセンブリ部品表を自動的に配置するでき、チューブや結束バンドなどもハーネス資材部品として、入力することも可能です。

ハーネス図
ハーネス図

帳票の作成

図面から情報を抽出し、部品リスト(BOM)やハーネスアセンブリ接続表を自動作成することができます。

帳票の作成