ECAD dio 機能詳細

製造

図面情報の抽出

部品情報

回路設計で使用した部品は、製品ごとに全て自動で拾うことができます。作業時間を短縮でき、ミスもなくなります。集計した部品データを帳票の作成や他システムとの連携に活用されます。

部品情報

From To情報

回路図に配置されている各機器と結線から、機器間の接続関係と接続順を合わせた情報(From To情報)を抽出できます。端子台情報で自動抽出した端子や、入力した端子台番号・端子Noも考慮し、それぞれの接続に対する電線情報や、各端子に対する器具番地情報も合わせて抽出できます。

コネクタ情報

回路図に配置されているコネクタシンボルから、コネクタの情報を抽出できます。抽出したコネクタ情報(コネクタ番号・ピン番号など)を入力・修正することができ、修正した結果は図面上にも反映されます。

コネクタ情報

各種帳票作成

帳票の作成

抽出した情報から部品表や端子台表、明細表など、様々な帳票を作成することができます。端子台表については、回路図の端子シンボルをもとにする手動挿入端子と、接続関係と各機器の製品番号や取付区分から、自動的に必要な端子を計算する自動挿入端子の、2種類について作成することができます。

製造指示書アウトプット例

回路図より製造に必要な帳票、図面を自動で作成することができます。

製造指示書アウトプット例

配線測長&経路モニター(Wiring機能)

配線測長機能(Wiring Editor)では、ダクトやレール内への余長などを指示することで、配線データ(FromTo、経路、長さなど)を自動作成できます。配線データはCSV形式で出力でき、加工機用、チューブマーカ用、作業者用などの各種データや帳票の作成に役立てることができます。
配線経路モニター機能(Wiring Monitor)では、配線測長機能により検出された配線経路を一線ずつ表示でき、回路図が読めない作業者でも配線作業が簡単に行えるようになります。

配線測長&経路モニター(Wiring機能)

加工機との連動

電線加工機との連動

配線測長機能で作成した配線データから、各種電線加工機の加工データとして出力可能です。

加工機との連動

加工機情報出力

From To情報から、機器ラベル、マークチューブデータ、記名板情報などを作成できます。